CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年11月 | Main | 2014年01月»
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
誕生は祝いか呪いか紙一重 [2013年12月16日(Mon)]

__tn_20131216175437.jpg友人がフェースブックで○○歳の誕生日を祝われていた。おめでとうメッセージがたくさん来ていた模様だ。この年になってまで今さら、という気持ちもあると思うので、私はおめでとうを送らなかった。もう若くはない。年々に体に不調が出る。老眼になり、膝が痛くなり、無理もきかなくなってくる。

それはともかく、彼にとって○○歳は初めての経験である。そりゃ…あたりまえのことだが、なにか不思議な気分があるのは私だけだろうか。

時間はさかのぼらない。一秒は誰にも平等に進み、一分ごとに時は流れ、一時間たてば時計の短針は一つ回る。一日過ぎればホッとして床につき、一週間がやけに早く過ぎると嘆き、一ヶ月前のことを大昔のことのように反芻する。すぐにカレンダーは新しくなって一年が過ぎる。

思えば妙な…この誕生日というやつ。誕生日を祝う気持ちには、どんな気持ちがあるのだろう。良くも悪くも一年のうちについてなかったこと。善からぬことを企んでしまったこと。目標を達成するどころか、取りかかりもしなかったことへの後悔。ご無沙汰している人にご挨拶もできない不義理……。いろんなマイナスの思いを清算して、スタートラインに立ちたいという思いがある。おそらく再生の意味もあるのだろうと思う。

もうじき冬至。昔のひとは太陽が再生すると信じていたとか。つまり太陽の誕生日である。年が改まれば暦が変わる、新年の誕生となる。人の誕生日がくれば、それぞれが一新した気持ちで課題に立ち向かう。誕生日とはなかなかいいもんだ。

(山茶花の芽は次々と花を咲かせ、寒い冬を彩る)