CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
するしない白黒反対結果見て [2012年06月12日(Tue)]

__tn_20120612182837.jpg人材開発メールニュースで吉次潤氏は説く(2012年06月11日付けワンポイント・アドバイス)。

≪(組織や職場全体で)約束事・ルールが守られているケースでは、どちらかと言えば「○○しよう」「○○やろう」という表現をされていることが多いようです。たかが表現と思われるかもしれませんが、例えば上司から指示される場面でも「××しないように」と「○○しよう」では、似たような意味合いでも、受け止め方が異なるのではないでしょうか。
(中略)
 「××しない」ではなく「○○する」に置き換えることで、新たなアイデアやイメージが出てくることもたくさんあります。また最低ラインを超えたところに目標を置くと、最低ラインがより手前に、よりリアルに手が届く感じに見えてきます。人が能動的に動くためには、高い目標よりも「手が届く感」が大切です。≫

コンプライアンス全盛の世の中、××してはならないと禁止ばかりが増えるものだ。だが、いけないと言われると、ついついしたくなるのが人の常。××しないイメージをなぞることを続けると、××するようイメージトレーニングをしてしまうことになる。センターラインを越えないように運転するより、左側のラインに合わせハンドルを切るのがやり易いようなものだ。だから、かなりがんばれば手が届く範囲に目標を設定し、「○○する」ポジティブなものを忘れないようにしよう。