CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年10月 | Main | 2011年12月»
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
目を覚ませ闇の中にて地が震え [2011年11月25日(Fri)]

月曜日夕刻に6、7秒。これが震度3。そして今朝まだ暗い頃に3、4秒。震度2くらいか。間をおいてごく弱いのが数秒。爆睡していたとしても、横になっていると床に接している面積が多いゆえ、体に感じやすい。弱震でもたいていは目が覚める。地震は不気味に怖いものだ。

なぜ地震は怖く感じるのか。

地面が揺れるからだ。寄って立つ地面は何ごとにおいても生活上の基準である。その基礎が揺らぐのである。不安は免れない。

地震はいつなんどき起こるかわからないからだ。地震列島においては、いつ大地震が来てもまったく不思議はない。

いったん収まっても、いつドカンともっと大きなやつがくるのかわからないからだ。あの不安感ったらありゃしない。3.11を経験された方々は何度も強い余震の恐怖と戦ってこられた。その心労をねぎらいたい。むろん、もう終わったとは限らない。

必ず来るとわかっていても地震学者でもその時を言い当てることができないからだ。予測の精度は上がる。緊急地震警報も出されるようにはなった。しかし数日後の予報はできない。確率として言うことしかできない。家具につぶされたり、ケガをすることなく、避難するための手足を守ることぐらいしかできないかもしれない。

何より怖いのは私たちが恐怖に無感覚になって、まっ大丈夫! 自分は大丈夫。最初の津波は小さかったからもう大丈夫。上からの落下物は自分には当たらないから大丈夫。などと恐怖にフタをかぶせてしまうことだ。天災は忘れたころにやってくる。それを意識の奥に沈めてしまうことが最も危険なことかもしれない。

(写真は縦糸を張っている途中のクモ。蜘蛛は地震とは関係ないが)

(コメント)
三次を震源地としたマグニチュード4、6の地震はかなり、揺れましたね。
緊急地震速報もはじめて受信しました。発生と同時に鳴るのですね。 >天災は忘れたころにやってくる...
島根も浜田地震の過去があるし、本当に意識の奥に沈めてしまわないようにしないとね!
投稿者 せいちゅうかん : 2011/11/25 (金) 23:02

調べてみました・・・
島根県周辺の主要活断層は「南海トラフト」
マグニチュード8、4前後
30年以内の地震発生確率は60パーセント
投稿者 せいちゅうかん : 2011/11/25 (金) 23:28

60パーセント? 覚悟しておきますかね。南海にある深い溝が西日本全体に影響を与えるのですね。こうしてみると日本列島は狭いのかも。。。
投稿者 house21 : 2011/11/26 (土) 08:30