CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年10月 | Main | 2011年12月»
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
目を背け駅のホームに加齢臭 [2011年11月10日(Thu)]

JR松江駅のプラットフォームには、上り下りとも2ヶ所ずつガラスの囲いでおおわれた待合室がある。うち1ヶ所ずつは冷暖房の設備がある。今しがた、軽く暖房の効いた部屋に入ったのだが、不快さの余り直ちに出てしまった。なぜか? 酒臭いうえに加齢臭がひどかったからである。

外は冷気にあてられて少し凍える。暖か過ぎたこの晩秋にとうとう冬の足音が近づいてきた。待合室は暖かい。が、不快臭は室内を容赦なく当て散らす。わたしが残業帰りでなく、一杯機嫌であったならば気にはならなかっただろう。しかし、わたしは素面だ。鼻は正常で敏感だった。

もうひとつの待合室に避難して思った。酒を飲んで同僚と大声で話しをしたり、どよんとした目で周りを見回すわたしの近くに来た人は、ひょっとして不快な感じに目を背け、鼻をふさぐのかもしれないなぁと。中年おそるべし、酔っ払い避けるべしである。

(写真はナンジャモンジャの黄葉した、でかい葉っぱ)