CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年10月 | Main | 2011年12月»
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
考えて組織のあり方ドラッカー [2011年11月05日(Sat)]

ピーター・ドラッカーの経営論でわたしが「へぇ〜」と思ったのは顧客という概念である。

There is only one valid definition of business purpose:to create a customer.
(ビジネスの目的として妥当な定義はただ一つである。顧客を創造することだ)

人々が欲しいと思うモノやサービス、それは顕在化する場合もあるが、むしろ潜在的需要を引き出して提供することが顧客を創造するということなのだそうだ。故スティーブ・ジョブズの業績はまさにそれだ。ピクサーフィルムでアニメの質感を飛躍的に高めたこと。ウォークマン全盛の時代にあってiPodのニーズを想像したこと。iPhoneだって発売以前からこんな感じのものを欲しいと思っていた消費者は誰もいないだろう。

ふるさと島根定住財団主催の『ドラッカーに学ぶ!〜非営利組織のマネジメント講座〜』に参加してきた。講師は田中弥生氏(独立行政法人大学評価・学位授与機構准教授/NPO法人言論NPO理事/エクセレントNPOをめざそう市民会議理事)と片山信彦氏(NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパン常務理事)。

ドラッカーには『非営利組織の経営』や『新しい現実』という名著がある(まだ読んでいない)。ドラッカーに直接学んだという田中講師から、非営利組織論の概略を学ぶ。ドラッカーの非営利組織の自己評価のキイワードは次の4つであり、これらを常に問いかけながら組織経営をしていく必要がある。

「使命」 組織の存在理由。組織の到達すべき最終成果
「顧客」 第一の顧客が何を望むか。第二の顧客は隠れた参画の希望を持っている
「価値」 顧客はなぜ欲するのか、なぜ拒否するのか。その背景や根拠は?
「成果」 結果(output)と成果(outcome)は違う。世の中に影響を与えること

NPOへの期待が高まる昨今、寄附税制の仕組みも大きく改正され、さらに進化したNPO活動が求められる環境にある。NPOであることが価値の時代ではなく高い質が問われる。そのためにはマネジメントがさらに必要だ。エクセレントなNPOであるための秘訣があるわけではない。課題を丹念に大胆に乗り越えていくしかないのだ。

ミッションを自覚した同志が集まり会費が集まれば活動が始まる。事業を拡大し、収益が生じれば社会に開かれた存在となる。さらにミッションに賛同する人から寄附が集まれば、関わる当事者を増やし社会的な影響力をもつ。そのためにもエクセレントなNPOになることが不可欠だ。その自己診断の手法として、「市民性」「社会変革性」「組織の安定性」の指標を今回は教わることができた。およそ組織とはNPOに限らずどれでも、構成員がおりその幸せを目指して社会的活動をいったん始めたならば、安定的に課題の解決に邁進すべき存在である。それならばエクセレントな組織を目指すべきだ。

小ワークショップを行った。そのあとにグループごとに発表する機会があり、わがチームは就職したばかりの若者を指名した。明るくハキハキと悪びれずに発表すれば付け焼き刃でも9割は成功することを彼も実地で学んでくれたようだ。筋書きや統一感が発表に感じられ、納得の中身を示すことができれば120点である。