CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年09月 | Main | 2011年11月»
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
秋色に学びに学べ粘り抜き [2011年10月09日(Sun)]

≪「学ぶ」という命の構えが確立した人は、どんなに苦しい現実に直面しても、その苦労に引きずられてしまうことはありません。一切を、自らの向上と創造と勝利のバネに転じられるからです。
 「英知を磨くは何のため」‐ この青春の原点を胸に、使命の現場に勇んで飛び込みながら、たくましく働き、生き生きと学び続けていってください。
 小才や要領では長続きしない。労苦を惜しまず、誠実に努力を貫き通す人が、最後には必ず勝つのであります。≫

以上、大震災の影響で卒業式ができなかった創価大学37期生と保護者のために開催された集いでも紹介された創立者メッセージの一節である。これは建学の精神のひとつ、『英知を磨くは何のため、君よそれを忘るるな』につながる重要な指針であり、乱世の今だからこそ学びに学び抜くと卒業生たちは誓ったことであろう。むろん、すべてのひとに通じる時代の要請だ。

丹木の山には萩が咲いて、暖かな秋の八王子。再会と新たな出会いにあふれた八王子。武蔵野の緑は茶色に変わりつつある八王子。有意義な一日を過ごした。