CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«聞こえてる春がざわざわ聞こえるよ | Main | ある男むかしむかしのことなれば»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
超越が二年たちたり黙祷す [2013年03月06日(Wed)]

__tn_20130306191910.jpg黙祷することがある。無言で、たいていは目を閉じて、心に祈る。何を祈念するのか。目前の人の病気が癒え、ケガに苦しむ人の痛みが和らぎ、一家や団体が平穏であるように祈る。世界の平和を祈る場合もあるかもしれない。

日本で一斉に黙祷することが普及したのは、1923年(大正12年)の関東大震災がきっかけらしい。大震災の1年後、1924年の9月1日に東京で行われた慰霊祭において、地震が発生した午前11時58分にあわせて1分間の黙祷を行った。これ以降大きな事件や事故、災害が起こった時刻に集団で黙祷するようになったという。

そして3・11がやってきた。東日本大震災から来週で2年。午後2時46分には各地で黙祷が捧げられることであろう。津波の到達時刻には各海岸でも、死者に対し、死んだペットに対し、今なお不明の方々に対して花を手向け祈りが捧げられる。あるいは強い喪失感やPTSDで苦しむ人の快癒を祈ることも入るかもしれない。

あの超越的な自然災害からもう2年。自分自身はどうだ。よりよく生きているか、他人に共感し善意の輪を広げる心を育てているか・・・・・・そうした様々なことをふり返りつつ、全力で祈る11日としたいものだ。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント