CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«手で書いた心残して筆跡が | Main | 青春のくびき放たれ自由自在»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
陸の字はおかへ上ったカッパなり [2012年07月20日(Fri)]

__tn_20120720221755.jpg『陸』という字は「りく」とばかり読んでいた。「おか」と読む認識はなかった。web大辞泉によると、「おか」には次の意味があり、「りく」は【1】の意味に限定される。

【1】 陸地。りく
【2】 硯の墨をする所⇔海(墨を溜める所)
【3】 浴場の洗い場。流し

「おかへ上がった河童」は岡だと思っていたが陸の字をあてがうことも今回知った。goo辞書によると「りく」と「おか」は次のように使い分けるとのこと。

≪「陸(りく)」「陸地」は、海以外の部分について広く使うが、「陸(おか)」は、川なども含めた水の上ではなく、地面のあるところという意味合いを表わす場合に使い、「陸(りく)」「陸地」にくらべて狭い地域についていう。≫

アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア・・・・・5つの輪、五大陸から代表が集まるロンドンオリンピックの開会式は今月27日。あと一週間で精鋭たちの見事なパフォーマンスを観戦することができる。暑さたけなわ。電力不足も何のその。週末金曜日には国会周辺や各地で「サイカドウ反対!」の大声が周囲を圧する一方で、一時しのぎとはいえ日本中が歓声とため息に覆われるときがくる。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント