CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«面白きファミレス家族の人模様 | Main | 宣言す熱い空気よ梅雨開けを»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
海岸のゴミ見て思う朝の潮 [2012年07月16日(Mon)]

__tn_20120716215237.jpg海岸清掃の早朝ボランティアに参加してきた。昨日は猛暑日、昨夜の余熱は残り生暖かい風が寄せる。まだ太陽は顔を見せていないが、今日も猛暑日になりそうな気配。

あるはあるは、、、、あふれるほどのゴミがある。2枚手に持っていたビニール袋はすぐにいっぱいになった。ハングル文字が書いてあるポリ容器。大きめでガッチリしており数種類の型のものがたくさんある。日用品のプラスチック容器やガラス瓶もたくさんある。洗剤、酒類、ロープなど数限りない。ハングルのも日本のも混ざっている。漁具も多い。漁師さんによると韓国のアナゴ漁で使う円錐形のプラスチック網容器が実に多いことに気がつく。プラスチックはもろくなってぼろぼろになっている。ガラス瓶は海岸に打ち寄せられたときに割れてしまっている。砂や丸石に混じってゴミが散乱している様子は見ていてむなしい。軽トラの荷台にゴミを積み上げながら、私自身も含めて極大化した消費社会 の実態をかいま見た気がした。

氾濫するハングル文字製品が流れ着くことから、韓国、北朝鮮を非難する人もいるが、ゴミをちゃんと処理しないという点では五十歩百歩。日本も変わりはしない。東日本大震災の流された瓦礫が、北米に今後大量に漂着することを考えてみても、ゴミ問題、環境問題は地球規模で共有しなければならない課題だ。

そして温暖化問題。地球全体として寒冷化する流れもあるようであり、温室効果と寒冷化がぶつかれば、今よりもっと激烈な気象で被害が増える可能性もある。「地球に優しく」というスローガンはあるが、地球規模で気候をコントロールできる科学的知見と実力は人間にはない。「どうか地球さん、優しくしてください云々」とは茂木健一郎さんの言葉(うろ覚え)であるが、地球に住む一員として水平線を見ながら複雑な思いがあった。
コメントする
コメント