CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«脱帽しダッダッダダッと新世界 | Main | 時空超え見通すところ幸せか»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
使い終え日食メガネどうするの [2012年06月22日(Fri)]

__tn_20120622222826.jpg金環日食崩れの大部分日食、金星の太陽面通過でもって活躍してくれた我が家の日食グラス。眼鏡屋で1500円近くかけて買ったしろものだ。太陽に向ける面は銀色の鏡、内側は黒い遮光面。今や使い道がない。表面は薄いオレンジ色のベースにたくさんの花が散らしてあるデザインでなかなか見目よい。このまま捨ててしまうのも悔しいので、使い方を考えてみよう。

・太陽を見る⇒見えるには見えるが、当たり前の太陽では珍しくない。癒されもしない
・ギラつく太陽の日の運転にサングラスとして使う⇒事故になるから絶対無理
・溶接用のメガネとして使う⇒耳当てをつければ大丈夫

・思い出として飾っておく⇒思い出は心の中に、写真にのみ残るもの
・ネットオークションに出す⇒誰が買ってくれるものか
・分解して遮光グラスを観察する⇒破壊して捨てることになる

・誰か子供にくれてやる⇒どこかに喜ぶ子もいるだろう
・ブーメランにして遊ぶ⇒投げても帰ってこないだろう
・護身用に使う⇒投げても当たらない、刃物を受けても防げない

・巨大超新星が現れたときに観察する⇒いつのことやら・・・
・大きなぬいぐるみ(パンダでも象でも)の顔につけてやる⇒どんな意味がある?
・明るいところで眠るときのアイマスクとして使う⇒布ではないから固くて安眠できない
・イヤな人と同席したときに会話拒否の意味合いで⇒なんたる非常識!

・次の金環日食や皆既日食がくるまでとっておく⇒2095年に中国地方で見られる金環食にはもう生きていられない。ならば2030年の金環食を北海道へ、2035年の皆既食を北陸方面まで見に行くという手がある。一番現実的な使い方かもしれない。ただし20年近くも保存しておく自信はない。どこに置いたか分からなくなってしまうだろう。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント