CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«梅雨時は重い気配やくちなしや | Main | ドクターとポエット兼ねて雪の原»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
つながってナーヤとサルヴァの物語 [2012年06月16日(Sat)]

__tn_20120616162950.jpg物語はナーヤの話とサルヴァの話が交互に登場する。『魔法の泉への道』(リンダ・スー・パーク著、金利光訳)はオムニバス形式で進行し、一見関係のない二人のスーダン人少女と少年の物語である。

内戦が続くスーダン南部。北のイスラム勢力は主流派で南に住む部族を追いつめていた。反発して内戦がひどくなったものであるが、戦争で最も悲惨な体験をしてしまうのは子供たちであるのは、世界共通だ。ナーヤはヌアー族、サルヴァはディンカ族。両族は内戦の基本構造である、スーダン北のイスラム勢力と土族宗教の勢力との対立とは違うところで対決していた。表題ごとに交互に登場するマークは両部族の印なのだろう。ナーヤの物語は2008年から始まり2009年へと少しずつ進む。少し年長のサルヴァのは1985年から始まり経過が早い。

長い逃避行で歩けなくなっていたサルヴァに叔父さんが目標を与えるところが心に残る。道は遠いようでも目に見える目標をいつも持っていなくちゃいけないな、と思わせてくれる。

(最初の目あてとしていた茂みにたどり着いてから)
≪二人が茂みまでたどり着くと、叔父さんは前に見える石の固まりを指さして、あそこまで歩こうと言った。そこまでいくと、こんどは少し先のアカシアの木まで‥‥その次はまた石の固まりまで‥‥その次はただの砂地のあの場所までというように、叔父さんは次から次へと目標を定めていった。こうしてサルヴァは少しずつ前進した。≫

努力の甲斐ありサルヴァはアメリカの里親に引き取られ教育を受けることになる。夜郎自大で傍若無人のアメリカのやり方にさまざま批判があるのは確かだが、アメリカという国の懐の深さをこうしたボランティアの実践に感じる。

プロジェクトをたくさんの応援をうけて軌道にのせたサルヴァ。最終ページで部族の違いを超えてナーヤとサルヴァはつながる。目頭が熱くなった。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント