CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«イートインとんと使わぬこととなり | Main | 日がさして季節は夏のそのままで»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
糞タレめ流さず消えていかにせむ [2019年10月10日(Thu)]

fumihouse-2019-10-10T18_31_50-1-thumbnail2.jpgギョッとした。職場の和式トイレに入ると(ここまで9月12日と書き出し同じ。前回はアロエのヨーグルト)、糞が流してない。何たる無作法、何たる愚か者。

なぜ流さないのだ。誰かが触ったレバーを持ちたくなかったのか? バカたれめ! お前の手はテメエの糞にまみれていただろ? 糞は付いてなくても十分に糞にケガレていたはずだ。

仕方なくわたしは糞を流して、自分の用を足した。もちろん流した。丹念に手を洗った。わたしは糞して消えたオヤジに対して(ジジイかもしれんし、青二才かもしれない)、怨嗟の声をあげる。「このー、クソッタレ!」

(ヤブランは糞をたれない。ただ静かに咲く)
コメントする
コメント