CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«雨降って運動会なし統合なし | Main | ヤクルトは税率上がらぬ食品さ»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
絆とはきずなとほだし分かれ得ず [2019年09月29日(Sun)]

fumihouse-2019-09-29T13_31_58-1-thumbnail2.jpg絆(きずな)は、一方で(ほだし)とも読む。ペットや家畜を繋げる紐や鎖のことである。犬の飼い主が連れだって散歩に出る。家族同然に結びついた(きずな)がある。一本の紐で堅く繋がっていることを感じ、両者はしあわせだ。

一方で犬が言うことをきかないとき、飼い主の体調が悪いとき、紐は(ほだし)となって飼い主を葛藤させる。私を自由にさせてくれと。それは犬にとっても同じこと。(きずな)をかんじるときは、両者は「繋がる」。(ほだし)となってしまうと「繋げられる」束縛感。(きずな)とは(ほだし)なしにはあり得ない。

災害が起こったり、一団が窮地に陥ったとき、(きずな)が強まる。危機を脱して通常に戻ったとき、繋がった紐が気になりだす。(ほだし)となる。葛藤が生まれる。付かず離れず、人は誰でも葛藤を乗り越えて生きていく。
コメントする
コメント