CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«鉛筆が柔に馴染んで文字を書く | Main | セミ消えて秋始まりて福祉大会»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
台風に向かって進む土佐の旅 [2019年09月20日(Fri)]

fumihouse-2019-09-20T17_47_45-1-thumbnail2.jpg台風17号の影響で高知は午後から雨となった。幸いに小雨。JR土讃線の朝倉駅から会議場の高知県立療育センターへ向かう。高知県中央児童相談所と併せて新築したばかりの会場は快適で、高知県の皆さんからは短時間ながら温かいもてなしを受けた。

会議終了後、会場近くの高知大学に寄ってみた。妻と共通の友人であるK教授にお会いする。変わらぬ佇まいがうれしい。会うのは十数年ぶりであるが、人なつっこい素敵な笑顔を見ると、こちらも満面の笑みとなる。突然の訪問にもかかわらず温かい歓待を受け、ほんの10分だが会話を楽しんだ。次は泊まりでね!と言葉を背に受けて研究室を辞去。

わたしが思う旅の三要素は、ひと、景色、食べもの。昼御飯に食べた駅前の定食屋の餡かけ唐揚げは素朴な味わいだった。店主とそのお母さんは、この味を貫いてきたのだろう。療育センターから乗ったタクシー運転手も、いごっそう的な雰囲気をたたえていた。日帰り出張ではあるが旅の気分を楽しんでいる(次は大歩危駅、まだ先は長い)。

(土佐が生んだ幕末の英傑三人。手前から武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎。高知駅前にそびえ立つ巨大青銅像も旅の景色だ)
コメントする
コメント