CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«停電の満月明るしギター弾く | Main | 依存して高揚感にひたりたし»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
練習会ギター抱えてお楽しみ [2019年09月15日(Sun)]

fumihouse-2019-09-15T21_17_11-1-thumbnail2.jpg3人でギターの練習会。4台のガットギター、それぞれの愛器をとっかえひっかえ、音色やタッチの違いを比べながら、自分の持ち曲を演奏し合う楽しい時間を過ごす。一人で練習するのと違い緊張するが、同好の同士で刺激を与え合う。

自分だけで弾いて楽しむのは単なる自己満足。それで飽き足らないから誰かに聴いてもらう。演奏を聴いてもらうのは上手になる第一歩。下手な演奏で恥をかきたくないから、練習に身が入る。

目の前の人に何を伝えるのか。伝えようなんてことは今まで考えていなかった。せいぜい有名な曲をさらりと弾いて感心されたいとか、緊張の中でもよく弾いたと誉められたいとか、その程度のものだったのかもしれない。

それならそれでよいが、何か物足りない。演奏することで相手に何かを伝えたい、感じてもらいたい、と考えたほうがよいとある人から教わった。確かにそうだ。が、わたしに伝えるべき内面があるのか、と自問自答する。きっとある。愛情、勇気、根気、朗らかさ、理知、いろんなものがあるに違いない。

それを表現するためにも、楽譜を読む、そしてメトロノームで不動のリズムを体得する。しっかりした基礎的練習をしなければ、可哀想な演奏に終わってしまう。思想なり感情が現れる演奏というからには、ちゃんと弾けることが前提なのだ。

(オクラは習熟せずとも淡いレモン色の涼やかな花を咲かせる。いや人知れず苦労しているのかも)
コメントする
コメント