CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«いざいざと取り替えはきく必ずや | Main | 練習会ギター抱えてお楽しみ»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
停電の満月明るしギター弾く [2019年09月14日(Sat)]

fumihouse-2019-09-14T22_12_10-1-thumbnail2.jpg昨夜は中秋の名月、今夜は満月で真ん丸。しかも雲がなくて明るい。消防署と中国電力が20時20分ごろにやって来て、近所の送電装置に故障が起こり緊急点検を行うので9時くらいにも停電になる。長くなるかもしれないしすぐ終わるかもしれない。機械を開けてみないことには状況はわからないと。

千葉で今も解決していない大規模停電の例もある。すぐに全員が風呂に入る態勢になって、洗い物を済ませて、懐中電灯を用意し、蝋燭とマッチも備えた。9時になる5分前に停電はやってきた。

まだ風呂に入っていた者のために懐中電灯で入り口から照らし、わたしは蝋燭をつけた。カーテンと窓を開けると月明かりが頼りになる。電気というものがなかった大昔には、月がどれだけ人々を力づけたことだろう。素晴らしい天然の照明装置だと思う。反対に雨だったり、新月に近いころだと暗い。よほどのことがない限り家でじっとしていたことだろう。

蝋燭を頼りにギターを取り出した。月の元のギターはなかなか乙なものだ。一曲引き終わろうとした時に電灯がついた。テレビも画面と音を取り戻した。日常が戻って嬉しくはあるが、実はわたしは蝋燭の火の揺らぎが大好きだ。

(闇を意識したデザイン。石見グラントワのロビー)
コメントする
コメント