CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«儚んで死んではならぬ命は大事 | Main | 気のせいさ若いと老いたは紙一重»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
収縮しこむら返りに目が覚めて [2019年08月21日(Wed)]

fumihouse-2019-08-21T18_27_55-1-thumbnail2.jpg目が覚めた。よく寝たようだから、間もなくアラームが鳴るだろう。右足ふくらはぎに違和感あり。案の定、数秒後に足がつった。手を伸ばしたがもう遅い。筋肉が緊張してこわ張る。痛い、たまらない、誰が助けて・・。

揉みほぐしても緊張は解けない。姿勢を替えて体を起こす。30秒以上苦しんだろうか。ほっとひと息ついて横になったとたん、再びこむら返り。収まるまでの長い時を待って(とてつもなく長く感じる)、立ち上がった。急いで水を飲む。夕方の今になっても右足に変な感じが残る。誰がたっぷりマッサージしてくれないだろうか。

足はなぜ、つるのか。ふくらはぎの筋肉が伸びているという信号を中枢神経が受けとるのだが、神経伝達に不調が起こって、必要以上に収縮せよ!と信号が出てしまい、ふくらはぎが過度に収縮してしまうのだそうだ。

原因として考えられるのが、水分やエネルギーが不足して、筋肉からの信号がうまく出なくなるのが一つ。風呂上がりに水分補給をしたはずなのだが・・。体の冷えによって筋肉が過緊張する。昨夜は涼しくて寝やすかった。寝る前にはエアコンも使っていたし、それが原因か。三つ目が加齢による筋力の衰え。以前から夜中につることは多かったから、今さらかな?

寝る前のストレッチとマッサージを1分くらいはかけようかと思う(今はわずか10秒)。そして、水分補給も改めて確実にやっていこう。

(足がつると、地味で古い革のトランクのように、世界は色を無くす)
コメントする
コメント