CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«上陸し思うがまま暴れゴジラ | Main | ミンミンが森の彼方に消えていく»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
炎天下20年前とは様変わり [2019年08月08日(Thu)]

fumihouse-2019-08-08T12_30_41-1-thumbnail2.jpg炎天下、目的地近くでバスを降りて歩いていたら、20年前を彷彿とさせる光景に出くわした。シルバーヘアの紳士が汗をぬぐいながら前を歩いている。

仕立てのいい濃紺スーツの上着を左手にハンカチと一緒に持ち、右手には少し大きめのビジネスバッグ。黒い傘を乗せている。台風由来の雨が降ったのは前日だから、出張帰りか、昨日松江にやって来たビジネスマンとみた。ワイシャツは鮮やかなブルーでひとつ折り返してある。シャキッと歩いてはいるが暑そうだ。ネクタイをつけていたかどうかは確認できない。

クール・ビズが言われるより前から夏のネクタイを止める動きが出た。それでもオシャレさんはネクタイを解かず、長袖に腕を通した。クール・ビズとなって、酷暑が尋常でなくなって、夏の服装は急速に清涼化しメーカーが宣伝に力を入れた。ポロシャツは定番となった。

シルバーヘアの人の後ろを歩く私はというと、コットンパンツ仕様のウルトラライト・パンツで軽くて涼しい。むろんポロシャツで、日傘までさしている(多少抵抗感は残るが)。わたしは今さら20年前には帰れない。

(百日紅は猿滑る。すべすべで光沢のある幹。花はその名のとおり透けた紅色が爽やかだ)
コメントする
コメント