CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«夜明け前今も昔も夜は続く | Main | 炎天下20年前とは様変わり»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
上陸し思うがまま暴れゴジラ [2019年08月07日(Wed)]

fumihouse-2019-08-07T17_11_02-1-thumbnail2.jpgきのうは午前5時に台風8号が宮崎市付近に「上陸」した。台風は見えないが、観測されるレーダーや気圧配置で台風はそこにいるのがわかる。暴風やどしゃ降りの雨で台風が上陸したであろうことがわかる。しかしそのものは見えない。観測予報で見える化されるのが当たり前になってしまったが、便利な世の中だ。

ゴジラをはじめとした怪獣は海や空からやって来て「上陸」した。姿は見える。直前になれば上陸地点が判明して避難誘導が始まる。みな必死で逃げる(へらへら動くエキストラがいたものだが、今のゴジラ映画は真に迫る)。見えるということは大事なことだと思う、人を動かすから。

迫り来る危機はふつうは見えない。まあなんとかなるだろう、今までもなったわけだし。自分には火の粉は降りかからないさ・・・そうした正常化の偏見ってやつで、人は危機を小さく見積もる。

9号と10号も続けて列島をうかがっている。高い海温は台風にエネルギーを与え、日本近海で急速に強力になる。被害が出ませんように・・・。

(屁糞かずらというありがたくない名前をもらったこの草花も、酷暑に耐えて咲いている)
コメントする
コメント