CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«あってほしい希望の観測役立たず | Main | 家と冢二つ並んで分けられぬ»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
元気出せ心の底から元気出せ [2019年07月04日(Thu)]

fumihouse-2019-07-04T18_00_13-1-thumbnail2.jpgマスコミがよく使う句があります。【元気をもらった】です。感動的な場面に立ち合った人がインタビューに答えてこう言うのも普通になりました。新聞には【感動をありがとう】と見出しがつきます。

元気をもらったり、あげたりできるものでしょうか(あまのじゃくに考える)。元気は受け身の態度でもらうものではないと思います。誰かに会って嬉しく思い、互いを思いやり、縁に触れて刺激を受けて、楽しさを分かち合って、エネルギーを湧き立たせるんです。それが元気だと思います。元気とは受動的ではなく、能動的な精神活動の発露です。

見たり聞いたりした素敵なことに刺激されて、相手が頑張る姿に触発されて感動したのであれば、そう表現すればよい。 元気を“もらった”ような気がしても、心の底からやる気が湧いて出てこない限りは、その場だけのことに終わってしまいそうです。元気や感動は自分の命の底から湧いてくるものです。

(カボチャの花を見て元気になる人は少なかろうが、実を食べると健康になる)
コメントする
コメント