CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«苦節して空へ向かって羽ばたく | Main | 魚の種は名付けより奇なり面白し»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
任せるかいかに管理をリーダーは [2011年08月24日(Wed)]

20110824181016.jpg≪リーダーシップはしばしば厳格的であるよりは放任的であった。部下にすべてを任せて報告のみを求め、責任については引き受けるというリーダーが優れているとされた。こうしたシステムは官僚機構にも見られる。決定権はなにもない現場の末端官僚が作成した決定が、いくつもの上司のチェックを経て、決定権を持つ組織のトップまで届き、トップは自分のところへ至るまでに経たプロセスに決定の正当性を見てそれを承認する。≫
 (「新書で大学の教養科目をモノにする政治学」浅羽通明著,光文社新書,2011年)

確かにそのとおりだ。戦中の参謀たちが関東軍で勝手きままに軍を動かし、なし崩し的に事後承諾を受けたのもそうだ。東電の危機管理や隠蔽にいたる道すじも似たようなものかもしれない。私の上司でも「好きなようにやりなさい。責任は私がとる」と軽いタッチで許す人がかつてはいた。

成果主義や人事考課が厳密に適用される現在では今は昔との感もあるが、所管する組織の仕事すべてを網羅することはできない。信頼し任せて、なおかつ要所を締めることは難しい。

一方で、政治主導・官僚従属をかかげた民主党政権。3年目にして3人目の首相が誕生する見込みだ。自民・公明政権から数えて、安倍・福田・麻生・鳩山・菅と短命内閣が続いた。粘り腰を発揮した菅さんは1年3ヶ月で、むしろ長期政権ともいえる。来年の今頃は誰が首相の椅子を射止めることになるだろうか。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント