CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«令和へと前代未聞の幕が開く | Main | 一万歩続けるたびに価値よ増す»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
玉造ひと度つかれば美人の湯 [2019年04月22日(Mon)]

fumihouse-2019-04-22T18_59_28-1-thumbnail2.jpg玉造温泉の湯に入った。つるんとした滑らかな泉質だ。関節痛に効くという。疲労回復にもいいらしい。保温効果が長続きし冷え性の人も喜ぶ。保湿性があって美肌効果が抜群だというではないか。出雲風土記は玉造の湯をこう記す。

≪一たび濯(すす)げば 形容(かたち)端正(きらきら)しく 再び浴(ゆあみ)すれば万(よろず)の病悉(ことごと)に除(のぞ)こる 古より今に至るまで験(しるし)を得ずといふことなし 故(かれ)俗(くにびと)神湯と日(い)ふなり≫

一回湯治するだけで見目麗しくなり、二度目にはどんな病気でも治癒する・・・誇大広告も甚だしい。大昔はこれでもいい。風土記を読める人は限られた貴人である。都は遠く離れている。そうとやかく文句をつける人はいまい。

ところが現代にあってそんな広報をしようものなら、袋だたきに遭って目も当てられない。ネットはさぞや炎上するであろう。公正な観光商品取引の妨げになるかどで捜査対象になるやも知れぬ。

まっ、それほどの即効性は期待できなくても、いい湯であることは間違いない。お隣出雲・斐川の湯の川温泉は日本三大美人の湯。ここも合わせて楽しんでくださいな。神湯ですぞ。
コメントする
コメント