CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ホワイトとブラック選び難しや | Main | 落ち着いていてもやっぱり震えてる»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
がんばれと負けじと桜ここにあり [2019年04月08日(Mon)]

fumihouse-2019-04-08T21_14_31-1-thumbnail2.jpgピークは過ぎて風が強いものの、ソメイヨシノはきょうも見ごろだった。満開の桜の下では、桜吹雪を浴びながら高齢の母親と中年娘とおぼしき二人連れが談笑しつつ往く春を楽しんでいた。

 世の中は桜が咲いて笑ひ声   正岡子規

春はいい、実にいい。冬を越えて新しい季節を迎えた喜びに満ちる。ただ手放しで良いわけではない。卒業があり、別れがあり、出会いとともに戸惑いや混迷がやってくる。晴れやかな一方で心穏やかではいられない。

ひとの空隙を埋めるために桜花爛漫がある。冬は厳しかった(この冬は例外)。だから春が待ち遠しかった、嬉しい春だ。別れが辛くて涙こぼれる。厳しくも新しい環境にくじけそうになる。

負けない気持ちの代弁が桜の乱舞なり。がんばれ、みんな。そしてがんばれ、私。大応援団が桜吹雪に象徴されるのだ。みんな、がんばれ、負けるまい! 笑おうよ、みんな。負けじ魂ここにあり!

(草苺の花は鮮やかだ。路端に貼りついてたくましく美しい)
コメントする
コメント