CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«外れても令和きたりて新時代 | Main | 春空に狂う桜と人なれば»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
震えても木立ひかりて山笑ふ [2019年04月03日(Wed)]

fumihouse-2019-04-03T18_23_38-1-thumbnail2.jpgいつの間にか、山が笑っている。
しかも大笑いだ。
ソメイヨシノが咲いただけではない。
木々の芽が膨らんで春の息吹に満ちている。
山はごく薄く肌色に染まり、
体積が増えたかのように、こんもりしている。
萌える春の喜びをたたえている。
きのうときょうは戻り寒気に震えた。
しかし、のどかだ、明るいぞ。
春の山は嬉しいぞ。
春の空気は楽しいぞ。

(朝は寒いが、雲が払われて気持ちのよい天気だ。明日あたりは桜も満開かもしれない)
コメントする
コメント