CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«恋しくて鉛筆は濃いしくしくと | Main | 短くてイッツショータイムと言わすべし»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
エアコンで暑すぎたまふコート着て [2019年01月05日(Sat)]

fumihouse-2019-01-05T16_02_45-1-thumbnail2.jpg室内でコートやジャンパーを脱がないひとが意外に多い。わたしはと言えば、スチーム暖房がよく効く列車内はむろんのこと、暖房のある屋内や部屋では必ず脱ぐ。

体温調整をしておかないと汗が出る。風邪を引いて後悔したくないからそうしている。ファッションとして脱げないアイテムならば仕方ないかもしれないが(そんなお洒落などお見かけしたことはない)、外套や帽子は取るのが常識でもあるからだ。

要は脱ぐのが面倒くさいのだろう。よほど気温の変化に鈍感で暑さ寒さを感じにくいのか。反対にわたしが敏感過ぎるのか。ウオーム・ビズのご時世でもあるが、そんな気配は感じないし、室内は十分過ぎるくらいに暖められている。脱がないひとの意見を聞いてみたいものである。

(陽光眩しい正月の昼間。2日は雨が少々降ったが、風はなく穏やかな三が日だった)
コメントする
コメント