CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«上品に爽やか朗らかみんな好き | Main | 100万回幾度当てても喜ばし»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
薄曇り第九を聞いて歳をとる [2018年12月31日(Mon)]

fumihouse-2018-12-31T10_11_19-1-thumbnail2.jpg歳末はベートーベンの第九を聞きながら、掃除をしたり片付けものをすることが多い。きょうは何をしているかというと、年賀状を書いている。遅いけれどもこれもひとつの大晦日なり。外には一昨日降った雪の名残が少々あるが、雲間から時折日も差して穏やかだ。

  星々が駆け巡るように楽しげに
  兄弟よ、自らの道を進め
  英雄が勝利を目指すように喜ばしく
  抱き合おう、諸人よ!
  この口づけを全世界に!

シラーは第九の詩で人間賛歌を奏でている。牧歌的で優美な第三楽章のあとで、こうして歓喜の歌が流れる。歳末にふさわしい。

来る2019年は亥年。十二支では最後の年、時間にすれば亥の刻は夜の10時。猪は勇ましい、けれど制御は難しい。暗さを忍び、耐えるところは我慢して、進む時が来たならば決然と突進する一年でありたい。

読んでくださっている皆さま。この一年ありがとうございました。どうぞ良い歳をお迎えください。幸あれ♪(^o^)v

(わが家のシャコバサボテン。洋名デンマークカクタス。蝦蛄のような花といわれればそう見える)
コメントする
コメント