CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ボヘミアン私は負けない進み行く | Main | 宴会や食べ尽くしては満足の»
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
河口にてマガン白鳥冬の朝 [2018年12月06日(Thu)]

fumihouse-2018-12-06T21_36_49-1-thumbnail2.jpg先週日曜日の未明から早朝 初冬の斐伊川河口
下弦を過ぎた三日月がいる 明けの明星もお目見え
暗闇に乳白色の朝が溶かし混まれる
漆黒の空が紺色になった
ぐんぐん見る間に光が増える 晴れた朝が到来した
辺りは暗くてもコハクチョウの白色は浮きたつ
赤ちゃんの鳴らす足笛のような鳴き声 マガンだ
10羽の小さな編隊で宍道湖の向こうからやって来た
白鳥もつられて鳴き出す 群れは150羽ほど
マガンの編隊は多いもので約100羽
次々と河口の上空で大きな丸を描く
合わせればざっと500羽のモーニングフライト
7時10分に山の端から太陽が顔を出した
空のオレンジ色が金色に 光彩が世界を照らす
島根を含め北九州、大阪、鳥取ナンバーが10台
ここは隠れた出雲の新名所

(葦原の向こうの南東から午前7時の太陽がやがて顔を出す)
コメントする
コメント