CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«仮名ふって漢字と平仮名へだてなく | Main | 耐えてまで服従すること不要なり»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
温かに言葉書き添え満たされて [2018年05月29日(Tue)]

fumihouse-2018-05-29T17_43_38-1-thumbnail2.jpg≪温かな言葉を書き添えるだけで、送り手の心も、受け取った相手の心も、優しい気持ちで満たされることでしょう≫

『心をつなぐ手紙の魅力』(聖教新聞5月21日付け最終回)で、むらかみかずこ氏(手紙文化振興協会代表理事)は手紙の魅力を列挙している。

文字を綴ることで気持ちが落ち着き、思考力が高まる。表現力が磨かれ、季節に関する感覚が鋭くなる。相手の気持ちを温かにするなどいいことばかりだと。さらに、次のフレーズを常用しようと提案する。

  いつもありがとう
  あなたのおかげです
  心からの感謝を込めて
  愛を込めて
  またお会いできますように

うーん、弱った。「心からの」はなかなか使えない。そして「愛を込めて」! 使うべき相手は限定されるが、照れずに使うときには使わなければなるまい。手紙だけではない。口に出して言わないと、思っているだけでは伝わらないからね。

(愛を込めて! あなたに松葉菊の写真を贈ります。おや、なんか不自然?)
コメントする
コメント