CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«梅雨寒を思わす空気震えてる | Main | 奪い合う与え合うとき幸せに»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
風呂上がり寒い夜には水浴びて [2018年05月09日(Wed)]

fumihouse-2018-05-09T21_14_19-1-thumbnail2.jpg寒い朝だった。どんより曇っている。昼間の気温は15℃までしか上がらない予報。防寒のためにネクタイをしめた。この3月末から4月初めにかけて過ぎた暖かさだったし、大型連休中もいい天気だったから、感覚としては3月初めに戻ったような気分。しかし、明日から天気は回復し、週末は気温が上がる。その寒暖差に体調を崩すひとが多かろう。わが家にも風邪ひきさんがいる。

陽気に汗ばんでそのまま身体を冷やしたら風邪をひく。寒い朝、前日と同じ服装をしてしまえば風邪をひく。仕事が忙し過ぎて疲れがたまって風邪のウイルスにやられる・・・日本人は平均して年4回風邪をひくそうだ。

わたしも若い頃よくひいた。年に2回くらいは熱を出して寝込んだ。喉に違和感がきて、股関節がだるくなる。やがて頭がぼっーとして悪寒が走る。ゾクゾクしたまま帰宅すると熱が出る。ご飯を食べて布団にバタンキュー。葛根湯を飲んで熱が下がればいいのだが、たいていは起き上がり不能。38℃以上を体温計が指し示し、休むことになる。気持ちが緩むのか、ますます身体は火照って呻くようにして寝る。浅い眠りから覚めて、またひと眠り。薬が効いて泥のように眠ると、押し込めていた疲れの元が解放されたかのように、身体から出ていく気分だ。そしてリセットされて元気を取り戻す。年中行事であったと思う。

ここ十年は寝込まなくなった。せいぜい年1回、身体がだるくて股関節が痛んで咳が止まらなくて・・・その程度の風邪をひく。風呂上がりに水シャワーを全身かぶるようになって十年あまり。自律神経が鍛えられて寒さへの耐性ができてきたものと思う。もちろん誰にも薦めない、真冬など気違いじみた行いだから。

(小手毬が半円球の花を賑わすのも、あとわずかの期間だ)
コメントする
コメント