CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«姫のおとなしくして殿ドキリとす | Main | 幻想の妖猫描き玄宗と»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
送別の宴に笑い泣きもあり [2018年03月23日(Fri)]

fumihouse-2018-03-23T23_42_11-1-thumbnail2.jpg3学期の終業式、教職員の離任式に続き、学校ではその夜転勤したり退職される方々に対し感謝の念を込めて、送別会が開かれるのが通例だ。わたしは今夜の宴を次のように締めた。

「新たなる世の夢香る♪」と、校歌2番の冒頭をアカペラで一人歌い、転勤し退職される方々は歌のように新たな世に出ていく、夢を忘れず奮闘されるよう、そして明るく元気にたくましくあれと祈念して(明るく、元気に、たくましく。出雲工業高校のモットーである)、万歳を三唱する。ご唱和あれ、という内容である。

皆さんが思いの丈を、ある人はしみじみと、またある人はぶちまけるようにして語っていく。花束のプレゼンターも感謝の旨をつづっていくから、自ずと長くなる。会場を出て帰路につくタクシーが待っている。もう時間はない。考えていた挨拶は割愛して短く万歳した。出雲工業のみんな、今夜欠席の方々も含めて幸あれ、見事なる奮戦を続けよう!

(水仙もまだまだ元気にたくましく、咲いている)
コメントする
コメント