CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«日本人花よ桜と喜んで | Main | 送別の宴に笑い泣きもあり»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
姫のおとなしくして殿ドキリとす [2018年03月22日(Thu)]

fumihouse-2018-03-22T21_00_03-1-thumbnail2.jpg『音姫』
TOTOが発売してからもう三十年になろうとしている。正式な名称はトイレ用擬音装置。浦島太郎を竜宮城へ誘い、恋と宴に明け暮れた若く美しい乙姫。その乙姫が語源なのかどうかは知らないが、乙女は恥じらいに満ちている。だから用をたすときの音に恥じらう。見事なネーミングだ。

近頃は男性用も見かけるが、わたしは使ったことがない。自身が発する音を消す必要、というか羞恥を感じないからである。ともあれ、排泄に伴う音いっさいがっさいを消し、節水に大きく役立つ。偉大な発明である。

当初はトイレの流水音だけだったのが、渓流のせせらぎ音、あるいは小鳥のさえずりまで加えて進化しているという。トイレは居心地のよい空間に変わった。日本女性デリカシーに応えた見事な製品であると思う。

(乙女の奏でる音楽を想像させてくれる純白のシクラメン)
コメントする
コメント