CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«アドレスはメールとともに転居かな | Main | 意地を張り電車の旅に困るとき»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
沈丁花ダイヤ改正春の香よ [2018年03月15日(Thu)]

fumihouse-2018-03-15T19_14_19-1-thumbnail2.jpgJRのダイヤ改正の季節がやってきた。あさって3月17日(土)がその日である。幸いわたしにとってはほんのわずかな影響でしかない。

JR西日本米子支社の謳い文句では、浜田地区の通勤・通学時間帯が便利になるとか、三江線で江津〜三次間直通列車をつくるので全線乗車できるとか言っている。3月31日の最終運転を前に、今さらなに?と思うが、残り二週間に集中する乗客をさばこうというのだろう。悲しいかな三江線、さようなら三江線。

今夕は人事異動の内示があり、わたしには声がかからなかった。かわらずJR通勤を続けることができそうだ。山陰本線を三江線の二の舞にしてはならぬ!という決意で("⌒∇⌒")、これからも意地で電車通勤を続けていく。同好の士が増えないかなあ。

(クルマで通勤すると道端の沈丁花にも気がつけない。上品でさわやかな甘さ。何とも言えない春の香りだ)
コメントする
コメント