CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«あの震災この震災とは違うもの | Main | 麦秋に麦酒を飲んで日本の家族»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
長傘に別れ惜しんで遠い旅 [2018年03月10日(Sat)]

fumihouse-2018-03-10T09_30_06-1-thumbnail2.jpg少し光沢のある萌葱色の肌。開くと光る具合が増して柔らかい曲線のなまめかしいこと。弱そうに見えて実は強靭。君は意外と骨太だ。がっちりした肉感的な足は銀色につやつやして僕には好ましい。口元を鋭くすぼめて時には寸鉄人を刺す。ところが、君が肩をすぼめると思わぬ華奢さに僕はドキッとしたものさ。

いっしょにいるときは君がいるのがあたりまえだったのに、離れて遠くに行ってしまうと、愛しい気持ちでいっぱいになる。もう君とはつきあわない。こんなにつらい気持ちになるなんて思わなかった。ポケットに詰めこんでこのまま連れ去りたいと歌ったのはチューリップだが、君の仲間を折り畳んで持ち運ぶことにするよ。使わないときは鞄に入れたら、忘れることはないからね。

もう私の手元にはない、私のだった長傘。電車の座席横の手すりにかかったまま昨日遠くへ運ばれた(たぶん米子だが)。長らくつきあった君だけど、さらりと去っていってしまった君への惜別の歌……。
コメントする
コメント