CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«たんぽぽと星が歌うや冬の空 | Main | 決意あり2018新たに年を»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
知は光り学は闇を払うもの [2017年12月31日(Sun)]

fumihouse-2017-12-31T20_35_53-1-thumbnail2.jpg【無学】には2つの意味がある。ひとつは仏教言葉で、煩悩を断ちつくして学ぶことのなくなった境地。わたしも含めて普通のひとには縁のないことだ。

もうひとつは、学問・知識のないこと。知識が多くても活用する智恵がなくても無学だ。さらにどんなに知識と智恵があったとしても、利己的な使い方であれば意味はない。読み書きができない無学文盲の人はこの地球上にあまたいる。

「誰も置き去りにしない」を理念としているのは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)。2030年までに地球上から貧困をなくし、地球環境を保ち、人類の平和を実現するためには、無学という闇を振り払っていかなければならない。利他のための知が光る2018年になるよう願っている。
コメントする
コメント