CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«徒然につれない日々を暮らしゆく | Main | 窓を拭き賀状印刷歳末に»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
夕星に季節移って春よ来い [2017年12月22日(Fri)]

fumihouse-2017-12-22T18_07_45-1-thumbnail2.jpg冬の入りともに厳しい寒さ。寒さだけなら我慢もできるが、天気が悪いのはいただけない。その点瀬戸内や太平洋側の冬場がうらやましい。

長らく星空を見ていない。昨夕は久しぶりに星を見た。御者座のカペラ。黄みがかった主星が煌々としていた。前回見たときよりも高くなっていることに、季節の移りを知る。

もちろんずっと雨や雪、雲っていたわけではないが、わたしが外を歩き回るころに雲がかかっていただけのこと。それでも晴れ間が続かないと気分が晴れない。

今日は冬至。これから太陽が復活し始める。寒さが究むのはこれからではあるが、日は確実に長くなっていく。春に向かって前三後一。早く春よ来い。
コメントする
コメント