CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«日が落ちて冬は至るか落ち込むか | Main | バランスで仕事と人生カエテみよ»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
幸せの青い鳥かな夢をみて [2017年12月14日(Thu)]

fumihouse-2017-12-14T19_44_20-1-thumbnail2.jpgメーテルリンクの『幸せの青い鳥』を読んでみます(童話しか読んでない)。場所を変える→達成できなくて失望を味わう→幾度か繰り返す→価値観の革新が起こる。外の世界で酸いも甘いも経験することで多様な価値観を知り、自身の考えに変化が起こる。すると、故郷やホームグランドにかつては思ってもみなかった魅力があることに気がつく。すなわち青い鳥が目の前にいることを知るのです。

理想を求めて転職を繰り返し、新しいものに手を出す。単にこらえ性がないだけなのに、自分は悪くないと強弁するのを青い鳥症候群と言うそうですが、今いる場所にこだわり過ぎて外を見ないのも反対に問題です。少しは青い鳥を探してみるのもいいことです。ときには冒険をして、思い出の国や幸福の国、未来の国へと短い旅に出てみるのもいいでしょう。きっと良い体験になるでしょうね。
コメントする
コメント