CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«スニーカー歩けや歩けズンズンズズン | Main | 整理してクリアになった頭脳かな»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
星を見て月を眺めて幾年月 [2017年10月04日(Wed)]

fumihouse-2017-10-04T18_08_45-1-thumbnail2.jpg≪私たちが今晩夜空を見上げた時に見える星座は、数千年も昔の人が見上げた同じ星座です。私たちが目にするもので数千年前と同じように見えるものが星座の他にあるでしょうか。絵にしろ彫刻にしろ、長い時の移ろいとともに風化していく。なのに、星は当時のまま。少しも変わらず夜空に輝いているのです≫ (永田美絵『カリスマ解説員の楽しい星空入門』2017年ちくま新書)

星座もそうなら月も同じ。地球の衛星・月は数億年も前から今と同じように輝いていたことでしょう。古代の人びとは月明かりを頼りに夜を歩き、松明や提灯など人工の照明は最小限にして生活していたのです。古の人びとに思いを馳せて星空や月夜を眺めましょう。

さあ、今日は中秋の名月。今夜、空を見上げよう。月は満を持して私たちに眺められるのを待っていますよ。
コメントする
コメント