CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«朝起きて眩しさ過ぎて雷雨呼ぶ | Main | どちらかな大人の針と子供の針よ»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
おもてなし神の遣いじゃありません [2017年06月02日(Fri)]

fumihouse-2017-06-02T22_01_30-1-thumbnail2.jpg日本のサービス業の労働生産性は低い。その理由に「おもてなし」があるんじゃないかと以前に書いた。労苦に報いて客から笑顔が返ってくればウインウインの関係になれるが、勘違いして神様気どりの客に当たると目も当てられない。精神的に大きなダメージを受ける。

神とは人間を超越する能力を持ち、人に禍いも福も施すとされているが、お客さんを神として祀る必要はない。従業員が人間ならば客も人間。仕事で客に足蹴にされた職業人が、ところ変わって尊大なお客さま面をすることもあるだろう。とんでもない悪循環だ。

ひどい客にはキレてしまっちゃおう。もう来なくて結構、あなたのせいで従業員が辛い思いをして燃え尽きて病気になりかねない、あなたは神様ぶってさぞ気持ちがいいでしょうよ、でもあんたの満足と引き換えに店の者は泣いてるんだ、従業員はおまえの奴隷じゃないんだよ、今後は取り引き一切無用!と断ち切る蛮勇を奮ってもいいのではなかろうか。その客を失う損失と従業員を失う損失、どちらが大きいのか。

再考の余地ありと思いませんか。それとも客商売をしない公務員にそんなこと言われたくはないさ、とおっしゃいますか。

(歌人の藤原定家にまつわるという定家葛 (ていかかずら)。スクリューの形でいい匂いがする。松江にて)
コメントする
コメント