CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«利己主義や米国第一地球号 | Main | なめんなよ誰に向かって言いたいか»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
白雪のベールに包まれ大混乱 [2017年01月23日(Mon)]

fumihouse-2017-01-23T18_15_47-1-thumbnail2.jpg今朝出勤前に大雪警報が発令された。あれよと言う間に出雲には雪が積もり、列車とバスを乗り継いで職場に着いた頃には4、5センチの積雪。

だから道路は大渋滞、JRは木やら竹の倒れ込みでもって運転と休止を繰り返す。ダイヤはもう形をなさない。学校はそのせいで午後は授業打ち切りとなった。明日は公立高校の推薦入試の日だというのに、天気は悪さをするものだ。仕事を5時に終えて、今わたしも出雲市駅にて運転再開を待っている。早く帰らせてくれよーぉ。

ただし眺める分には白銀の世界というヤツはいいもんだ。白いベールは柔らかで、そこにある物すべてを美しく化かしていく。新雪をサクサク踏みしめて歩くのは楽しい。寒いのは確かだし、溶けた雪は始末が悪いが、冬はこうでなくっちゃいけないね。

写真は出雲工業高校の駐車場から眺めたお昼の北山。積雪は7、8センチ。桜の若木についた蕾は雪帽子をかぶっている。波状的にやってくる晴れ間にはぼたん雪が写りこんでなかなかのものだ。
コメントする
コメント