CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«郵便に心をこめて窓開く | Main | 海賊は破天荒なり新時代»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
順繰りに准からスーパー高齢者 [2017年01月13日(Fri)]

fumihouse-2017-01-13T18_01_49-1-thumbnail2.jpg日本老年学会と日本老年医学会が、65歳以上だった「高齢者」の定義を、75歳以上に引き上げるよう提言した。65歳以上74歳は「准高齢者」として区別し、生涯現役をめざし社会的に活躍できる環境を整え、病気予防に努めてもらうことが目的だ。

民主党政権下で「後期高齢者」という言葉が集中砲火を浴びた。後期高齢者医療では75歳以上を後期高齢者といい、介護や医療のリスクが高まることを念頭において制度設計された。そもそも「後期高齢者」とひとくくりにすることが差別的だという感情的な反応であった。

75歳あたりから衰えが目立つという現実が多いわけで、そのことに何らの差別はない。ただし、少しネガティブな印象は否めない。だから、准高齢者右向き三角2高齢者の名前付けには納得がいく。

全年齢で七掛け、八掛けと言われているとおり、平均的に誰もが若くなってきた(幼いままという見方もあろうが)。医療や生活改善により身体や知的能力は確実に若返っている。

90歳以上は「超高齢者」という呼び方になる。スーパーなんだ。寄る年波などものともせずに、がっちり生きてきた年輪を感じさせるカッコいい呼び名だと思う。

(秋に花を咲かせたツワブキも冬の立ち姿で残っている。これも趣がある)
コメントする
コメント