CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«先を見て儲けの口を探すひと | Main | ラーメンに食わせる指はないものを»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
便利なり上手に詰めてパッケージ [2016年10月13日(Thu)]

fumihouse-2016-10-13T19_18_42-1-thumbnail2.jpg現代はパッケージで発展してきた。私はそう思っている。

ひとまとめにして包装し、詰め合わせて上手に運んでいく。荷造りが崩れることがないように四角い箱に入れて大容積に積み上げられるのもパッケージのおかげである。キャビンアテンダントが珈琲を紙コップに入れて、ミルクと砂糖とミニスプーンを詰めた袋を客に渡す。これも見事なパッケージだ。公共交通機関のバスや列車にしても、パックの中に人や荷物を入れて運ぶのだ。デジタル情報をネットワーク上でやりとりする際のパケット通信もパッケージといえる。

包装したり運んだりすることに限らないが、私たちはひとまとめにしたものを作ったり、売り買いしたり、ため込んだりして生活を享受していると言えまいか。さまざまな技術のイノベーションはパッケージとともに歩んでいき、生活に変化をもたらす。

(赤い薔薇に吸い込まれそうな画像。写真の枠にこれもパッケージされているかのような薔薇の美である)
コメントする
コメント