CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«迷惑で悪質メール撃退す | Main | 先を見て儲けの口を探すひと»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
夏過ぎて秋の残照穏やかに [2016年10月11日(Tue)]

fumihouse-2016-10-11T18_49_10-1-thumbnail2.jpg早春の残照は成長する赤子に似ている。笑った、泣いた、また玉のように笑った。周囲を幸福にして、目映くて生きる期待に満ちている。春の日足は日毎に伸びて、咲き乱れる花々とともに目映く進む。

秋の残照はゆたりと散歩する中年夫婦に似ている。若さを憧憬しつつも、老いていく互いを慈しみあう。烈夏の沸騰と喧騒を終えて、秋の残照は肌に心地よい。ゆっくり流れるようで時は速い。秋の日は釣瓶落としに暮れていく。辺りはあれよという間に闇に包まれる。

夏遠ざかりぬれば冬近し。淋しさ増して木々が葉を落とすのも近い。その前に、菊花や紅葉、おいしい食材、秋の風物を楽しもう。

(アンスリウムは熱帯原産でサトイモ科。そう言われれば葉っぱに雰囲気はある。真ん中の花にある幾何学模様が楽しい)
コメントする
コメント