CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«来鳥しようこそ来県鳥取県 | Main | 婚活と詐欺師の暗躍おおさか弁»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
稲の穂が二度目に生るはひつじかな [2016年09月16日(Fri)]

fumihouse-2016-09-16T21_28_35-1-thumbnail2.jpg早場米の収穫はすでに終わり、島根県が推奨する『つや姫』の収穫が始まっています。食味が良く倒れにくいといいます。

ところで、刈り取り後の稲株には小さな新しい稲が生えてきます。この名を穭(ひつじ)だと知りました。稲孫と当てた漢字もあり、秋の季語です。古今集に読み人知らずの歌がありました。

 刈れる田に生ふるひつちの穂に出でぬは
   世を今更に秋はてぬとか

刈り終わった田んぼにひつじの穂が出てこないのは、秋も終わり冬が近づき悲しくなるよ。この世をはかなむばかりだなぁ……。多分に作為的な感傷の和歌です。ひつじに再生する生命力を感じてほしいものですなぁ。

ところが、ひつじですが、実は中身がありません。本物の稲とそっくりな穂が出てくるのですが、コメにはならないんです。スッカラカンです。偽物なのです。ひつじなど出ても出なくても同じ云々と、まんざら読み人知らずのあの歌も的外れではありません。

(写真は島根県の推奨園芸品のトルコギキョウ。たぶん品名はSO八雲雅。Sは島根、Oはオリジナル)
コメントする
コメント