CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«夕焼けに過去を想って美にひたる | Main | 幸せは十分なのか飽きたのか»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
警報に大雨の音注意せや [2016年09月12日(Mon)]

fumihouse-2016-09-12T19_25_05-1-thumbnail2.jpgしまね防災情報から大雨洪水警報が発せられた。18時前に益田市、津和野町、吉賀町に。出雲でも昼前から雨が降り続いている。屋根を叩く雨音は激しく、川の水かさは増して、このまま降ればどうなるのだろうと恐怖すら感じる。

yahooの雨雲ズームレーダーを眺めると、山口・周南から島根・吉賀町辺りにかけて、時間雨量で60から70ミリの雲がかかっており、出雲でも30ミリくらいではなかろうか。雨雲は日本海を太く長く横たわり、能登半島をかすめて東北地方にまで入り込む。

これを秋雨とは呼びたくない。本来、秋雨とは9月から10月にかけて降る長雨のことをいう。秋の長雨ともいうし、秋霖(しゅうりん)の霖も長雨のこと。暗い林が目の前を遮るように、風もなくシトシト雨が続く雰囲気をかもしだす。和歌では「眺め」の掛け言葉として物思いにふける感傷をあらわすが、土砂降りの雨ではさまにならない。

本来秋霖は西日本にはなかったはずだ。東北も含めた東日本のものというイメージがあったが、今や昔日の面影はない。歳時記の風情など無視して荒々しい気候が人間に襲いかかってくる。

ちなみに昨日8月の最高気温の平均値を出してみた。この8月が32.0℃、去年は29.5℃であった。たった2年の比較だが今年の夏は暑すぎた。恐ろしい変動である。なんて書いているうちに出雲にも大雨洪水警報が出た。ああ恐ろしや。

(赤嶺(セキレイ)のブドウは恐ろしくはない。ただひたすらに美味しい)
コメントする
コメント