CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«残留か離脱を賭けた愚選択 | Main | 一日と六月の末にて感謝する»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
老人のハリー静かに余生過ぐ [2016年06月27日(Mon)]

fumihouse-2016-06-27T18_03_57-1-thumbnail2.jpg教師を退職して後、ニューヨークでハリーは妻を看取った。愛猫トントとともに住み慣れたアパートの立ち退きにあう。息子たち家族と一緒に過ごす選択肢もあったが、ハリーはアメリカ横断の旅に出た。映画『ハリーとトント』は言ってみれば、老人と老猫が経験したささやかな冒険譚である。

トントは途中で寿命が尽きて死ぬ。ハリーもすでに晩年を迎えている。子供たちも孫もそれぞれが独立し、自身が寿命を迎えてあの世にいくのもそう遠くではない。そうした譚歌(バラード)でもあろう。

それでも彼新天地ロサンゼルスに到着した。トントに似た猫を海辺でつかまえて優しくなでるハリーには、まだまだ生きていくという静かな決意がみなぎったに違いない。広い米国の大地が印象深い映画であった。

(アメリカデイゴ。南アメリカ原産の派手な花。ハリーの人生はこんなに派手ではなかったが味わい深きもの)
コメントする
コメント