CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ヘプバーン魅惑されいず昼下がり | Main | ジュリエット悲恋の五日ものがたり»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
星座見て秋の夜空にぶるぶると [2011年10月01日(Sat)]

備忘録として黄道十二星座のことを書いておく。ウィキペディアを参照した。

おひつじ座(3月21日〜)
 *地味。怪物の出現に驚いた大神ゼウスが逃げたときの羊の姿(最高神でありながら、この神はたいそう臆病)。

おうし座(4月21日〜)
 *α星(アルデバラン)ゼウスが恋したエウロペに近づくため化けた牡牛(この神、実に浮気ばかり)

ふたご座(5月21日〜)
 *カストルとポルックスが並ぶ。二人はゼウスの息子だが、弟ボルックスは神にして不死、兄カストールは人なので死ぬ運命。ボルックスは兄に不死の力を分けて、そろって天に昇った。

かに座(6月21日〜)
 *ヘラクレスはゼウスの愛人の子。嫉妬深いゼウスの妻ヘラはヘラクレスを殺害しようと巨大な化け蟹を遣わしたが、ヘラクレスは気付きもしないうちに蟹を踏み潰した。暗くて目立たない星座。

しし座(7月22日〜)
 *ヘラクレスが最初の冒険で倒した化け物ライオン。へラクレスに殺された者はすべて星座になる決まりがあった。古代の南東ヨーロッパにはライオンが生息。心臓部には一等星レグルス。

おとめ座(8月23日〜)
 *ペルセポネーは冥神ハーデースに略奪され妻となり、天界に戻れたが、冥界のザクロを口にしたため、冬のうちは冥界で過ごすこととなった。一等星スピカは「麦の穂」。

てんびん座(9月23日〜)
 *女神アストライアーが持つ正義を計る天秤。暗くて目立たない星座。

さそり座(10月23日〜)
 *乱暴な巨人オリオンを毒針で刺し殺したサソリ。オリオン座はさそり座が上るころには見えない。主星は赤い心臓、アンタレス。中国人は青龍にたとえた。

いて座(11月22日〜)
 *ヘラクレスの放った毒矢が中ったケンタウロスが天にあげられた。南斗六星。銀河系の中心付近。

やぎ座(12月22日〜)
 *神々が宴会中に怪物テュポンが現れ、驚いたヤギ神は下半身だけを魚に化けて川に飛び込んだ。暗い星が逆三角形に並んでいる。

みずがめ座(1月21日〜)
 *ガニュメデスがひっくり返した水瓶を持っている。大きいが個性はない星座。

うお座(2月20日〜)
 *美の女神アプロディーテと子エロスがエリダヌス川の辺を歩いていたところ、、怪物テュポンが現れ、驚いた2人は魚の形になって逃げた。

今の季節はやぎ座やみずがめ座が見やすい季節だ。清涼な秋の空気を楽しもう。それにしても、星座を知らないと全く星は「無分別に」散らばっているように見えるが、星座を知ると形をイメージし、星の地図が頭の中にできあがってくる。天文はなかなか面白く、ロマンがある。
コメントする
コメント