CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«光彩に煌めく春よ深い帯 | Main | 勝つと決め祈りとともに出発す»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
春空に食欲そそる桜の葉 [2016年03月22日(Tue)]

fumihouse-2016-03-22T19_20_07-1-thumbnail2.jpg桜餅、好きです。春の和菓子を代表するスイーツといえば、ぼた餅か桜餅ですね。特にソメイヨシノが咲くより早い時期に食べる桜餅はうまい。塩漬けの桜葉は緑色を残して、薄桃色の皮とのバランスがなんとも食欲をそそります。一口かじればこし餡(つぶ餡のときもある)の甘味が口を駆けめぐります。

関西では桜餅というと、丸形で餅米粉を使った道明寺餅のことを言いますが、関東では(出雲も含め)、小麦粉を焼いてしっとりさせたクレープ状の薄皮でアンコを巻いて二つ折りにして桜葉を巻いたのを桜餅といいます(円筒形も多いですが)。塩味の葉っぱと一緒に食べると甘味が増して、さらに美味しい。桜葉の香りもあるし、ミネラルもたくさんありそうで、実にいいじゃないですか。

実は昨日は四個も食べてしまったのです。もう飽きたかというとそうでもなく、今目の前に出されればいくらでも食べられそうな気がします。桜餅、大好きです。

(食欲の春? 朝日に照らされたハクモクレンも美味しそうに見えてくる)
コメントする
コメント