CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«きっと出る演じることを繰り返す | Main | 新鮮だ角度違えて生きる糧»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
忘れるな忘れてならない忘れない [2016年03月10日(Thu)]

fumihouse-2016-03-10T18_35_36-1-thumbnail2.jpg 私たちは、忘れない。
  それぞれの空のした、
  こころに刻まれた「あの日」。
  明日のために、
  明日を生きるみんなのために。

日赤のつくったポスターがある。「あの日」から5年。この3月に日赤は職員や協賛企業をあげて国民運動プロジェクトを進めている。未来へつなげることは、忘れないこと。忘れまいと決意して復興に邁進する地域に思いを馳せ、支援の輪を展開するプロジェクトだ。

「忘」の字は心+亡と書く。心の中から記憶がなくなること→わすれる。「忙」の字もまた、心+亡。落ちついた心をなくしてしまうこと→忙し過ぎて大切なことを忘れてしまうわけにはいかない。

忘れないこと、未曽有の大災害を。心寄せること、理不尽な災害と絶望的な人災にさいなまれたひとに。腫れ物にさわるように行き過ぎた遠慮はしないほうがいい。切迫した恐怖や泣き濡れて崩れ落ちて、再び立ち上がったひとは強いから。むろん、嗚咽したあの日を他人が理解しようと思っても無理なことだ。

それでも未来に向けて希望の姿をともに描くことはできる。決めた目標に猛然とすすむことはできる。だから、私たちはそれぞれの空の下で、3.11を迎えよう。忘れないために。

(空は青く澄んでいる。豊かな地球の営みだ。時として空は猛り狂う。それもまた地球の営みだ)
コメントする
コメント