CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«東野に太陽の花ひとは逝く | Main | なでしこの美を作るのみ五輪にて»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
広々と空をのぞんで縁雫 [2011年08月17日(Wed)]

松江の新大橋商店街がアーケードを改装している。ニ車線の道路を挟んで両側に商店街が続く。歩道には古びてボロボロとも言える屋根があって、道行くひとを雨や日差しから守る。今そのアーケードを撤去中だ。

まだ西の半分を取り払っただけだが、空が見えて明るい。大きなビルが少ない松江では、元々空は広い。晴れた日に明るい空は気も晴れる。商店街の人たちが集まってワークショップをくりかえしていたから、ここも素敵な街に生まれ変わるものと思う。

雨は遮らなくとも傘をさせばいい。雨は観光地では嫌われものだが、今松江ではそれを逆手にとって「縁雫(えにしずく)」というネーミングで運動がすすみつつある。

雨が降れば傘をさす。狭い街路で行き交えば、傘を傾け心を遣う。心遣いで縁がつながり、人情の厚みで心を残す。傘がなければ貸せばいい、借りて互いに縁つけて、雨の雫が縁結ぶ。

そんな発想だと思う。縁雫をブランドにした新しいデザインの傘もできた。友人が応募したら、当選した模様である。新たな縁(えにし)で絆強まる。

旅人よ、来たれ松江に! そして傘もたず街に出よう!
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント