CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«難病と宇宙の物理一筋に | Main | 綱引いて怠け心とリンゲルマン»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
恐ろしや台風一過空と海 [2015年08月27日(Thu)]

fumihouse-2015-08-27T17_58_38-1-thumbnail2.jpg恐ろしげな嵐が去って清澄な星空が戻った。地表の熱が放射されて今朝は冷えた。松江5時の気温が摂氏17度。寒い。猛暑のころの習慣で窓を開けたまま寝ていたら風邪をひいたかもしれない。

宍道湖から出雲平野に向かって放射霧が流れてくる。じりじりと霧が進軍してくる。清涼感たっぷりの空気に向かって歩き出す。空は青いよ、まぶしいよ。空気の抵抗はなく、地面との摩擦抵抗すらなくなって、どこまでも歩いていけそうな気分。

出雲平野を車中から眺めると大豆の青々した畑が広がっている。稲が色づいた田んぼはそれぞれに色合いが違う。すでに稲刈りを終えた早稲の田もある。土がむき出しになって、実りの秋に向けてまっしぐら。

海も同様輝いている。スカイブルーとコバルトブルーの境目はまっすぐに直線をひく。水平線が地球の輪郭線をなぞり、宇宙の無限の始まりだ。今夜の星もきれいだろうね。

季節は秋ですなぁ。数日たったら、あの夏の暑さを懐かしく感じるかもしれないな。さぁ今日も一日あなたらしく行くのだよ、と呼びかけられている感じがする。よき時間を過ごしたくなる秋の朝だった。

(ニラの花が咲いている。透けている掛け衣を破って小さな六つの花弁を持つたくさんの花が開く)
コメントする
コメント